取り方で金額が変わる?免許に必要な金額と合宿免許メリットデメリット
取り方で金額が変わる?免許に必要な金額と合宿免許メリットデメリット

取り方で金額が変わる?免許に必要な金額と合宿免許メリットデメリット


通学と合宿の金額の違い

自動車免許の取得方法は大きく通学と合宿の2種類に分かれています。一見するとどちらを選択しても同じように感じられますが、実際は金額や卒業までの期間などいくつかの違いがあるので注意が必要です。一般的に通学で免許を取得する場合の費用の相場は30万弱と言われています。一方合宿で取る場合の目安は平均25万程度です。ただし、夏休みを始めとした学生の長期休暇中など利用者が集中しやすい繁忙期は通学、合宿共に数万円程度高くなります。

合宿で免許を取るメリット

合宿を利用して運転免許を取得する大きなメリットの一つが取得の早さです。合宿は短い期間で必要な技術と知識を身に着けさせることが目的となります。自分で予約を入れる通学と違って予め決められたスケジュールに従ってカリキュラムを受ける形となるので最短で2週間弱で卒業することも可能です。就職先で運転免許の取得が採用条件になっているなど何ヵ月も時間を掛けていられないという人にとってこの点は大きな魅力と言えます。

合宿で取得するデメリット

費用を抑えて短期間で取得ができるなどメリットも多い合宿にも注意すべき点はいくつかあります。その一つが合宿期間中の行動の制約で、合宿は教習所が予め決めたスケジュールに従わなくてはいけません。学校の授業のように合間に食事などの休憩時間はあるものの、朝から夕方まで1日を通して車の運転や交通ルールなどの勉強をすることになります。生活の拠点も指定された宿泊所と決められているので自主退学をするか卒業するまで家に帰ることができません。

自動車学校へ通うよりも短期間での免許取得を目指すのが合宿免許です。友達と旅行気分で参加することもできます。