LED照明が広がることで環境問題にも変化がある
LED照明が広がることで環境問題にも変化がある

LED照明が広がることで環境問題にも変化がある


LEDは寿命が長い特徴がある

LEDとはLight Emmitting Diodeを略した言葉で、光る半導体のことをいいます。寿命が長く消費電力が少ないなどの特徴があり、これらの特徴を活かした照明がLED照明なのです。従来、消費電力の割合が大きかった照明分野でしたが、青色LEDの開発、実用化により一変します。青色LEDは黄色の蛍光色を組合せると白色のLEDを作り出すことが出来ますが、白色LEDの完成により省エネ効果の大きい照明が徐々に普及していきました。

省エネ効果に優れ寿命が長いLED照明は、電球形LEDランプとして一般家庭でも使われています。昔から使われていた白熱電球に比べLED電球は寿命が長く、明るく照明する特徴があります。

一般家庭だけではなく施設の照明などにも使われている

LED照明は一般家庭で使われているほか、施設での照明や野外での照明など幅広い場所で使用されています。紫外線による商品の退色や赤外線による熱などのダメージを軽減することが可能で、可視光が効率良く得られるというメリットがあります。一方で昔から使われていた白熱電球よりも値段が高いというデメリットもあるのです。しかしLED照明は水銀や鉛などの環境負荷物質と呼ばれるものが含まれておらず、低温であっても瞬時に点灯するなどメリットの方が多いことがわかります。

LED照明は元々、LED単体を並べて製造した光の集合体です。1990年代の初頭から車のランプや医療用照明、携帯電話など広く使われてきました。照明の歴史を振りかえればろうそくや電球、蛍光灯と発展してきましたが、LEDは第4世代の明かりとも呼ばれています。

LEDライトパネルは、飲食店や商業施設の宣伝看板や告知パネルに使用します。LEDは明るくて視認性に優れているので、夜でも効果を発揮します。